【eSIM体験談】物理SIM(SIMカード)からeSIMに変更してみた

ライフハック

こんにちは。がじゅまる丸です。

皆さんはeSIMってご存じでしょうか。これまで、スマホの契約とともにSIMカードをもらい、それを差し込んで回線を開通させていました。

それが、今は時代の流れによってSIMカードからeSIM(Embedded SIM)に変わってきています。

今回、私と妻がauから楽天モバイルに乗り換える際にeSIMを採用したので、その導入手順を紹介します。

eSIMとは?埋め込み型のSIMのこと

eSIMとは、Embedded SIMのことで、これまでSIMカードといういわゆる「物理SIM」をスマホに差し込んで回線を開通させていました。

しかし、SIMカードの破損・汚損や、郵送に時間がかかる、といったこともあり、「最初からスマホに組み込んでおこう、そして開通させたいときはQRコードを読み込めば開通できるようにしよう」としたのがeSIMとなります。(超ざっくりな説明ですみません。)

つまり、もうSIMカードの郵送を待って、挿入する、という必要がなくなります。もちろん、破損のリスクもなくなります。

私がeSIM導入に至った経緯はSIMカードの破損によるのですが、そのトラブルと失敗談についてはこちらの記事で紹介しています。

eSIM導入時の注意点

上記の文章を読んで、「よし、eSIMにしよう!」という方、ちょっと待ってください!

eSIMを導入するためには以下4点の注意が必要です。

  • 自分のデバイスがeSIM対応か確認する
  • SIMロックを解除しておく
  • 電話番号を引き継ぎたい場合は、MNP予約番号を取得しておく
  • QRコード表示用のデバイスを準備する

自分のデバイスがeSIM対応か確認する

eSIMを導入するには「そもそもeSIMに対応しているスマホなのか」を確認する必要があります。

例えばiPhoneではiPhoneXS, XS max, XR以降の機種になります。

その他、自分がeSIMを導入したいスマホ、タブレット、PCがeSIMに対応しているかを事前に確認しておきましょう。

SIMロックを解除しておく

また、SIMロックを解除しておく必要がありますので、こちらも確実に解除しておきましょう。

解除するには「my au」などの各キャリアのマイページから解除することができます。

電話番号を引き継ぎたい場合は、MNP予約番号を取得しておく

電話番号を引き継ぎたい場合は、事前に「MNP予約番号」を取得しておきましょう。

こちらも各キャリアのサイトから取得することになります。

QRコード表示用のデバイスを準備する

最後にもう一点、eSIM導入時には

「使用したいスマホ、タブレットでQRコードを読み込む」

必要がありますので、QRコードを表示させるための別のデバイスが必要です。

例えば、友人・家族のスマホやPCですね。

iPhoneにeSIMを導入する手順を紹介

では、本題のeSIM導入の手順を紹介します。

手順は以下のステップで進めていきます。

  1. auの回線からMNPで転出する
  2. eSIMのQRコードの読み取る
  3. 通信の設定

auの回線からMNPで転出する

MNP予約番号の取得と、楽天モバイルへの申請は終了したよ、というところから説明します。

楽天モバイルへの申請後に郵送される手順書の裏にQRコードが貼ってあるので、それを読み取る。(←eSIM設定用ではないので注意!

なお、MNPでなければ申請後メールでQRコードが送られてくる形になります。(自分の場合はすぐにメールで来ました。)

申し込み番号や電話番号が表示されるので、間違いのないことを確認して「転入を開始する」をタップ。「MNP切替条件」が表示されるので、改めて「転入を開始する」をタップ。

すると、「転入を開始します」と表示が出ます。ここでauの回線を解約することになります。

しばらくすると「圏外」となり、回線が切れたことが確認できます。これで転出完了です。

eSIMのQRコードを読み取る

続いて、QRコード表示用のデバイスでQRコードを表示させます。

QRコード表示用のデバイス(友人・家族のスマホやPCなど)でmy楽天モバイルにログインして、以下のように進めます。

 メニュー>申し込み履歴>開通手続きをする

「開通手続きをする」をタップするとQRコードが表示されるので、これを「eSIMを導入したいスマホ・タブレット等」で読み取ります。その際はこちらの手順で読み取りましょう。

 iPhoneの「設定」アプリ>モバイル通信>モバイル通信プランを追加

ちなみに、以下のようなエラー表示が出ることがあります。一瞬絶望しましたが、私の場合はSIMロック解除を忘れていたのが原因でした。

すぐにmy auからSIMロック解除手続きをして事なきを得ました。

通信の設定

ここまでくればもう少しです。

QRコードを読み込むとこちらの画面に進みます。「モバイル通信プランの名称」はわかりやすく、ここでは主回線を「SIMカード」に、副回線を「楽天モバイル」にしました。

これはいつでも変更可能で、さらに言えば今後SIMカードが不要となり、抜いてしまえば意味のある名称ではなくなります。

上の状態から「続ける」をタップすると、次に「デフォルト回線」「SMS」「モバイルデータ通信」の設定となります。それぞれいつでも変更可能なので、全て楽天モバイルにしておきましょう。

そして、最後です。

 「設定」アプリ>モバイル通信>モバイル通信プラン

から、「音声通話とデータ」「VoLTE」にします。

これでついにeSIMの導入が完了し、データ通信ができるようになりました。

お疲れ様でした。以上でございます。

さいごに

私と妻がiPhoneユーザーで、auから楽天モバイルへの転入だったので、こちらのケースで紹介しました。

慣れている方であれば簡単な操作なのかもしれませんが、あまり経験するものでもないので、かなり苦労しましたね。振り返ってみると簡単な事なのですが。

eSIMを導入する手順がわかってしまえば、デュアルSIMにして料金を安くできるようにプラン設計したりもできるようになります。デュアルSIMについてはこちらの記事で書いていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

ちなみに、現在楽天モバイルではスマホの購入とセットで契約すると、最大25,000ポイントがもらえます(機種によって異なります)!

これは、正直やり過ぎと思いますが、そこはさすがですね。

2021年4月30日より楽天モバイルからiPhoneの発売も開始されました

\こちらのリンクから楽天モバイルに飛べます!/

\さらに今なら3ヶ月間プラン料金無料キャンペーン中!/

今回の記事が皆さんのお役に立てば嬉しいです。

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました